カラーモード?!RGB/CMYK とは? インクジェット印刷のデータはどっち?


ファクトリー

エコバッグなどのオリジナル印刷のデータ入稿は、印刷する方法、媒体によって様々な色指定方法があります。

 

シルク印刷のカラー指定については、こちらの記事をご覧ください。

今回は、無限の色数を表現できるフルカラーのインクジェット印刷の入稿時カラーモードについてです。

数値によって色味を表現する一般的なカラーモードには、RGBCMYKがあります。

 

 

RGB(アールジービー)とは?

テレビやパソコンやスマホなどのディスプレイ、デジカメのデータ表示などに利用されている発色方式のことです。赤(RED)緑(GREEN)青(BLUE)の光の三原色を利用しているため、各色(RGB)の色が強くなるほど、白に近づいていきます。

 

 

CMYK(シーエムワイケー)とは?


  CMYK は主に印刷、カラープリンタなどに使用される方式です。Cyan(シアン)・Magenta(マゼンタYellow(イエロー)のかけ合わせで色を表現する色の三原色です。すべてが重なる部分は「黒」になるのですが、きれいな黒色発色のためにBlack(ブラック)も別に加えられた4色です。

 

 

 

一般的に、PCやスマートフォン、テレビなどモニタ上で使われるものは、RGB、プリンターで紙や布などに出力されるものはCMYKのカラーモードで表現されています。

デジカメで撮影した写真データはRGB</strongですが、それを家庭用プリンターで出力する際は、自動でCMYKの近似色に変換され、CMYKのインクで作られたカラーモードで出力されます。RGBよりもCMYKのほうが、表現できるカラー領域が狭いため、RGBからCMYKに自動で変換すると、一般的にはくすんだ色になる傾向があります。

 

では、デジカメでとった写真を写真プリントのお店にだすと・・・どうでしょうか。

店舗やネットプリントのお店では、データを紙にプリントするので、当然CMYKに変換される・・・と思いがちですが、RGBのまま出力されます。印画紙に3色のRGBレーザーで感光させる方式の印刷なので、モニターで確認する色に近い色がでます。

 

エコバッグなどのインクジェット印刷の最適なカラーモードは?

エコバッグを印刷するインクジェットプリンタにはエプソンやブラザー、海外製など様々です。

基本的にはインクがCMYK(+ホワイト)のインクで印刷をするため、CMYKのカラーモードで作成する方が、より忠実に表現されると思いがちですが、エプソン、ブラザーはRGBカラーモードでプリントする仕様になります。

色味にこだわってプリントしたい場合は、プリンタが推奨するカラーモードを確認してから、印刷データを作成するのポイントです。

ただし、そもそも地になる布の色や素材などの影響を受けますので、紙などに印刷するほどの忠実なカラーを表現することは難しいのは現実です。

転写シートという紙状のものにフルカラー印刷してから、バッグなどの布に貼り付ける、転写印刷などはよりキレイに表現することが可能です。

どのようなデザインを印刷するかによって、シルクスクリーン印刷インクジェット印刷転写印刷など最適な印刷方法を選択することが重要です。


見積無料 送料無料 お気軽にお問い合わせ下さい。

0120554058

無料 お問い合わせ