街で見かけるDEAN & DELUCAのエコバッグはすぐれたエコバッグなのか?


レポート

 

皆さん、DEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)のエコバッグをご存知でしょうか?

食にあまり興味のない私、あまり詳しいことは分かりませんが、DEAN & DELUCAは、アメリカにあるスーパー(食料品チェーン店)です。ニューヨークのセレブ御用達として、とても人気あるお店です。

このDEAN & DELUCAで販売しているエコバッグが人気で、数年前、街中で持っている女性をよく見かけました。最近は他ブランドからも様々なエコバッグが展開されていますが、まだまだ、根強い人気があるようです。

人気の理由は、「シンプルなデザインでどんな格好でもあわせやすい」、「アパレルブランドと比較すると価格が安い」、「使いやすい、便利」、「みんなが持ってる」、「なんか良い」等々、色々あると思います。そんなDEAN & DELUCAのエコバッグ、今回はトートバッグとして機能面などの側面から、優れているのか?なぜ人気が出たのか?を考察してみようと思います。

 

 

1.たっぷり余裕のある底面(マチ)

マチというのはエコバッグの奥行きというか横幅です。SサイズのDEAN & DELUCAのエコバッグは17.7cmあります。Sサイズと同じくらいのミニサイズのトートバッグは、通常マチが5cm~10cm前後が非常に多いので、かなり底面が広くなっています。「お弁当箱などを平置きして入れることができるのがいい!」「お弁当が型崩れしない!」という声を良く聞きます。この幅の広いマチのあるサイズ感、これは人気の出るポイントの一つと思います。

 

2.厚手のしっかりとした生地

コットンの生地の厚さはオンスという単位で表記され、数値が大きいほど厚くなります。正確にはわかりませんが、コットン14オンスくらいを使用していると思います。コットンのエコバッグは4オンスから20オンスくらいまで幅広く使用されています。全体から見れると14オンスはかなり厚手です。このしっかりとした安定感、また、「街中で持ち歩いても安っぽくならない」という意見も多く、人気もうなづけます。プリントもシンプルでカラーバリエーションもあるのでどんな格好でも合わせやすいのもポイントとなってくると思います。

 

 

3.フラットになる船底タイプ

かたちは船のように底面の角がへこんでいる「船底型」になります。マチがあるのにもかかわらず、フラットにつぶすことができます。横にもマチがあるエコバッグよりもかさばらず、また、縫製箇所が少なくできるので、製作コストも落とすことができます。

 

 

4.手触りの良い持ち手は、とてもやわらかい仕上がり

私の知り合いでDEAN & DELUCAを愛用しているお子さんがいらっしゃるお母さんに聞くと、一番のポイントは持ち手についての話を良く聞きます。一般的に持ち手は、エコバッグで使用しているのと同じ生地で作ることが多いですが、DEAN & DELUCAのエコバッグはコットンテープという、コットンで編んである肌触りの良い持ち手にしています。持った感じのやわらかさ心地よさ、これは使っていて一番ユーザーも「お、なんか良いな!」と思うところではないでしょうか?

多分、違うエコバッグを使った時になんとなく持ちにくいと感じるのではないでしょうか。エコバッグを選ぶ時に持ち手の心地よさはかなり重要なポイントだと思います。多少コストがかかっても持ち手にコットンテープを使用したのはクオリティの高さを感じてしまいます。

コストを抑えるところは抑え、使い心地などの部分にはコストをちゃんと掛けて、もし自分が使うならという事を良く考えて作ってるのではないでしょうか?

最近は、数年前ほど見かけなくなりましたが、流行など関係なく「DEAN & DELUCA」のエコバッグを使ってみては如何でしょうか?


見積無料 送料無料 お気軽にお問い合わせ下さい。

0120554058

無料 お問い合わせ