入稿データ作成の注意点
スムーズにオリジナルエコバッグを作るために

エコバッグへのオリジナルプリントに欠かせないデザイン入稿データ。エコバッグにキレイにプリントするためには、色々な注意点がございます。下記の条件が満たされない場合は、きれいに印刷することができない場合がございます。ちゃんとしたデザイン入稿データ(完全入稿データ)作成をカプセルボックスではお手伝いさせて頂いております。下記の条件を満たせない場合や、不明点などございましたらお気軽にお問い合わせください。

データ形式

入稿データとして最適なデータ形式として、最も推奨するデータはIllustratorのパスで作成された、aiファイル、epsファイルになります。Illustratorで作成したPDFファイルも有効です。(Illustratorのバージョンは問いません。)Photoshopなどのレイヤで作成したPSDファイルや、JPG、PNGなどの画像データの場合は、解像度300dpi以上のファイルを使用して下さい。Illustratorにリンクファイルで配置してご入稿頂けると最適です。リンクファイルの場合は、リンク元のファイルも一緒にお送りください。埋め込み画像でも問題ございません。
フォント情報は必ずアウトラインをとってパスデータに変換してからご入稿ください。

Word、Excel、PowerPointなどで作成したデータは、見る環境(PC)によって変換されてしまうので有効ではございません。サイトなどから取得した画像も解像度が低いため有効でない可能性が高いです。

※ インクジェット印刷の場合はカラーモードRGBで作成された、PNGファイルが有効です。PSD、JPGの場合はこちらでPNG変換致します。

テンプレートをご利用ください

各エコバッグの商品詳細ページの下部に印刷範囲、レイアウト可能範囲の画像がございます。その下にテンプレートダウンロードボタンがございます。Illustratorで作られた編集可能なパスデータになっておりますので、Illustrator上で入稿データをご製作下さい。
テンプレートには印刷可能範囲が設定されていますので、印刷可能範囲内にデザインを収めるようにお願い致します。エコバッグによっては、レイアウト可能範囲というのが設定されているバッグもございます。レイアウト可能範囲は印刷可能範囲よりも大きく、印刷可能範囲内に収めたデザインをレイアウト可能範囲内に自由に配置できます。

※ インクジェット、転写印刷などのテンプレートはダウンロードできない可能性がございます。お問い合わせ頂ければ、お送り致します。

印刷データの細かさについて

エコバッグへの印刷は、紙とは異なり、細かいデザインを印刷する場合、かすれ、つぶれなどが発生します。細線(インクが載る部分)は、0.5mm以上の太さ、抜き幅(インクとインクの間の生地の部分)は、1mm以上あけてデータを作成した頂くのが安全にプリントされるおおよその目安です。ジュート素材のような目の粗い生地は、かすれ、つぶれが起きやすい生地になります。倍くらいの太さ、抜きを意識して頂くのが良いかと思います。下記に目安を記載しますので、ご確認ください。

< シルク印刷 >

コットン・ポリエステル:塗り線幅 0.6mm / 抜き幅 0.8mm

不織布・厚手ポリエステル・デニム:塗り線幅 0.8mm / 抜き幅 1.3mm

ジュート(麻):塗り線幅 1.5mm / 抜き幅 2.0mm

(※ ジュート生地は同基準に達していても素材感ある仕上がりとなります。)

印刷の色について

シルク印刷では、PANTONEのカラーチップ番号をご指定下さい。DICでの指定も受け付けております。指定のカラーチップを参照して、目で見て色を作成しますので、「近似色」でのご提供となります。CMYK・RGBなどのカラー指定の場合は、モニタ、プリンタの環境によって出力される色に違いがありますので、色のずれが生じる可能性がございます。

インクジェット印刷の場合はカラーモードはRGBで作成してください。CMYKの場合は機械が自動で変換して印刷するかたちになります。

見積無料 送料無料 お気軽にお問い合わせ下さい。

0120554058

無料 お問い合わせ

エコバッグキャンペーン情報

セールなどのお得な情報、キャンペーン実施中!

人気の厚手コットンエコバッグがセール中!
フルカラー印刷したオリジナルエコバッグが作れる!
デニムバッグセール中!
麻のエコバッグがセール中!
デニムポーチ・巾着がセール中!
エコバッグdeポン!セール中!