オリジナルエコバッグ製作<2022年8月>の人気ランキング集計!

 

 

今年のお盆休みは、新型コロナウイルスの感染拡大がありながらも、行動制限のない夏休みで、旅行や帰省された方も多いのではないでしょうか。個人的な話ですが、私も帰省をして久しぶりに親戚と顔を合わせることが出来ました。ありがたいことに野菜やお菓子など旅行用のボストンバッグに入りきらないくらいのお土産をもたせてもらい、バッグに潜めておいたエコバッグが大活躍しました。今やエコバッグはどこでも買えるものになりましたが、使い慣れたエコバッグは1つ2つ常備しておくと安心ですね。そんな当たり前になったエコバッグ、先月も定番のトートバッグや折りたたみ型のエコバッグなど、たくさんのご制作をさせていただきました。そんな 2022年8月、カプセルボックスでご制作頂いたエコバッグの人気ランキングを集計致しました。

 

 

 

 

– 第4位 アーバントート –

 

 

 

人気のロングセラーの厚手コットンのエコバッグが再びランクイン。長めのコットンテープの持ち手が特徴で、ゆったりと肩からかけることができます。おしゃれな形で非常に人気あるエコバッグです。ワンポイントでロゴを印刷するのもおしゃれですし、ナチュラル生地なのでフルカラーインクジェットプリントにも対応しています。写真やグラデーションなどの色数の多いデザインも再現性高くプリントすることが可能です。

 

そんな人気のアーバントートを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

– 第3位 うすでトート(M)オーガニックコットン –

 

 

オーガニックコットンで作ったエコバッグ

 

オーガニックコットンは、農薬・化学肥料などを使用せず、基準をクリアした農地で作られた地球環境にやさしいコットンです。よりエコなエコバッグを作りたい方におすすめで、SDGsを意識した注目度度の高いエコバッグです。中でも薄手のシンプルな底マチ付きのトートバッグはコストも比較的安くつくることができますので、イベントや販促、ノベルティなどの大きめロットにおすすめのエコバッグです。サステナビリティへの取り組みをアピールするのにもぴったりなトートバッグです。

 

 

そんな人気のうすでトート(M)オーガニックコットンを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

– 第2位 トート(L) オーガニックコットン –

 

 

 

オーガニックコットンの中では、厚手でしっかりとしている大容量のエコバッグです。底マチのある船底タイプのスタンダードな形です。誰でも肩からかけることのできる持ち手が魅力的で、内ポケット付きもございます。印刷サイズも大きく、配置するデザイン次第で、オリジナル感あるエコバッグを作成することができます。フルカラーインクジェットプリントにも対応していますので、写真やグラデーション、色数の多いデザインなどもプリントが可能です。

 

そんな人気のトート(L) オーガニックコットンを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

– 第1位 たためるマルシェ –

 

 

 

堂々の1位は先月から変わらず、大人気のエコバッグが守り抜きました。ちょうどいい生地厚、おしゃれで使いやすい形状など、カプセルボックスのこだわりが詰まったエコバッグは掲載してすぐに人気に火が付き、レジ袋有料化以後の掲載と誕生からまだ2年程ですが、今日までにたくさんのご注文をいただいております。内ポケットの表裏に印刷をいれると、表のデザインはバッグ使用時に楽しむことができ、裏のデザインは折り畳み時に現れます。内ポケット収納時の薄くてすっきりとした形状もスマートで魅力的です。

 

そんな人気のたためるマルシェを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

1位のたためるマルシェは5月から4ヶ月連続1位という結果となりました。そんな中、オーガニックコットンのバッグが2種類TOP4入りを果たし、SDGsを意識したご制作が増えてきた印象でした。街中でもSDGsに関するキーワードを目にすることが多くなった今、注目度の高さを実感します。今後もサステナブル素材は要注目ですね。カプセルボックスではコットン以外にも再生PETを使用したポリエステル製のエコバッグなど、サスティナブルを意識した商品を多数ご用意しております。

 

 

9月上旬、夏の暑さがだんだんやわらぎ、日が暮れるのも早くなってきました。1年中で最も過ごしやすい”秋”の行楽シーズンがやって来ますね。秋のイベントにノベルティご制作ご検討中のみなさまのお声がけお待ちしております!

オリジナルエコバッグ製作<2022年7月>の人気ランキング集計!

 

 

7月を振り返ると、急激な気温の昇降に突然のゲリラ豪雨に…不安定な天気と異常な湿度に振り回されたように思います。屋外へ出た瞬間、まるで水中を歩いているかのように感じた日がとても印象に残っています。また、猛暑日が続いた初旬にふと、「まだセミが鳴いていない」ということに気づき、夏本番はこれからと、暑さに弱い自分が思いやられる…そんな憂鬱な日もありました。

 

しかしながら、夏は花火や海水浴、プールなど魅力もたくさんありますね。まだまだ大勢でのレジャーがはばられるご時勢ですが、夏に季節が移ったことで、フードやドリンクの“夏季限定”がご近所のコンビニやカフェでも並び始めた頃ではないでしょうか。この時期しか楽しめない商品の数々は酷暑の中、お仕事や学業で忙しい時のちょっとした癒しにピッタリです。メリハリが無くなりがちな自宅での休日でも、ふらっと足を運んでみると、1日が+α 充実するような気がします。

 

そんなちょっとしたお買い物で、レジ袋代わりにエコバッグがあればとっても便利です。ポケットに入れられる、とにかくコンパクトなものから、幅のある商品を倒さず置けるマチの広いもの、トートバッグとして使える丈夫な生地でサイズのあるものまで、さまざまタイプでお問合せをいただきます。カフェ等お店のオープン記念にオリジナルプリントのエコバッグを作りたい、と用途をお伺いすることも多々あります。行きつけのお店で見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか?お気に入りのお店でエコバッグを入手するのも良し、自分のオリジナルデザインでまだこの世にないエコバッグを作るのも良しですね!

 

2022年7月、カプセルボックスでご制作頂いたエコバッグの人気ランキングを集計致しました。

 

 

 

– 第4位 スナップコンパクト –

 

 

 

高機能なエコバッグが定番人気のアーバントートを退け、今月の4位に浮上しました。今年の11月で掲載から1年と比較的新しい商品ですが、すっかりTOP4の常連です。コンパクトにできるエコバッグは需要が多く、さまざまな素材・サイズがありますが、圧倒的に個性的なのがこちらのスナップコンパクトです。大容量の大きいバッグがベルト式でとっても簡単に畳めてしまいます。かさばらない薄さなので想像するより小さくなり、携帯用にピッタリです。5ozというと結構薄いのでは?と心配されるかもしれませんが、パイピングのある使い心地抜群の生地で、ハイクオリティーなエコバッグとなっております。シンプルに1箇所のみの印刷も素敵ですが、最大4箇所のオリジナルプリントはとても目を惹きます。是非カスタム度の高い、全く新しいデザインのエコバッグをご検討いただきたいです。

 

そんな人気のスナップコンパクトを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

– 第3位 ドイツテューテ –

 

 

 

安定した人気を誇るトートバッグですが、先月から変わらず3位に留まりました。しかしながら膨大な数あるコットンバッグの中で流石のTOP3入りです。太い持ち手に一見フラットに見えて底にマチが織り込まれたドイツテューテはどこか可愛らしいデザインのトートバッグですが、昨今のサステナブル・ブームよりずっと前からエコを推進してきたドイツで定番の形状です。ドイツでは長年エコバッグとして親しまれており“テューテ”で検索してみるとおしゃれで多種多様なバッグがたくさん出てきます。エコ先進国で定番化しているだけあって、カプセルボックスでも不動の人気商品です。印刷サイズが広いのでデザインの自由度が高く、ドイツ風(?)のプリントも可能です。程よく薄手なのでかさばらず、ハンカチのように畳んで普段使いのバッグにも収まり、レジ袋代わりにも適しています。意外と容量があるので買ったものもお出かけの際の貴重品も一緒に入れられますが、太くて薄い持ち手は重くなっても肩の負担になりにくく、つい時間を忘れて買い過ぎてしまいそうです。

 

そんな人気のドイツテューテを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

– 第2位 うすでトート(M)オーガニックコットン –

 

 

 

ベーシックでリーズナブル、いつも上位のトートバッグが今回も2位となりました。「A4サイズが収まって」「肩に掛けられて」「マチがあって」と、ノベルティやグッズに最も求められる条件をきっちりと満たしたバッグで、長年定番人気のうすでトート(M)だったのですが、昨今のサステナブル素材への需要にお応えして形状はそのまま、よりエコに進化したのがこのうすでトート(M)オーガニックコットンです。「オーガニックの方で」とご注文いただくことが増え、新たにバッグを作るなら、より地球に優しい素材で作ろうという意識の高まりを感じます。

 

気になるオーガニックアイテムページはこちらから、是非ご参考ください。(オーガニックコットンとは、農薬・化学肥料などを3年以上使わない農地で、有機農法で育てられたコットンのことを示します。)

 

そんな人気のうすでトート(M)オーガニックコットンを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

– 第1位 たためるマルシェ –

 

 

 

堂々の1位は先月から変わらず、大人気のエコバッグが守り抜きました。ちょうどいい生地厚、おしゃれで使いやすい形状など、カプセルボックスのこだわりが詰まったエコバッグは掲載してすぐに人気に火が付き、レジ袋有料化以後の掲載と誕生からまだ2年程ですが、今日までにたくさんのご注文をいただいております。内ポケットの表裏に印刷をいれると、表のデザインはバッグ使用時に楽しむことができ、裏のデザインは折り畳み時に現れます。内ポケット収納時の薄くてすっきりとした形状もスマートで魅力的です。

 

そんな人気のたためるマルシェを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

6月→7月でTOP3は変わらずと、各々の強さを再確認する結果となりました。しかしながら、ランキングを見ながら「このバッグもいい勝負なのでは?」とふと思い浮かぶ商品もあり、うかうかしていられないでしょう。さまざまなニーズにお応えするべく、+α便利な仕様やサイズ・カラー展開も豊富に取り揃えております。特に急速に人気を集めているサステナブル素材は要注目です。

 

 

エコバッグ・トートバッグはすべてサンプルのお貸し出しが可能です。実際に物を入れてみたり、エコバッグの収納機能を試してみたり、トートバッグを肩に掛けてみたり。実物がないと分からないこともたくさんあるかと思います。サンプル貸出のご依頼はお問合せフォームからいつでもお待ちしております。

エコバッグについているエコマーク、どういう意味かご存知ですか?

 

 

エコマークって何?

 

エコマークとは、環境負荷が少なく地球環境の保全に役立つと認定された製品やサービスに付けられる環境ラベルの一種です。様々な商品(製品およびサービス)の中で、「生産」から「廃棄」にわたるライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと認められた商品につけられる環境ラベルです。このマークを活用して、消費者のみなさんが環境を意識した商品選択を行ったり、関係企業の環境改善努力を進めていくことにより、持続可能な社会の形成をはかっていくことを目的としています。

 

 

 

 

 

エコマークの認定基準

 

 

エコマークの認定基準は、商品のライフサイクルに注目しているのが特徴です。ライフサイクルとは、商品の一生のこと。すなわち「資源採取」から「製造」「流通」「使用消費」「リサイクル」「廃棄」までの一連の流れです。

 

 

そして、商品のライフステージの各段階において、下記にある4つの環境評価項目を重点的に評価しています。

 

・省資源と資源循環
・地球温暖化の防止
・有害物質の制限とコントロール
・生物多様性の保全

 

エコマークでは、ライフサイクル全体を通した環境への影響を総合的に判断し、認定する仕組みで、省エネルギーで使用できる製品であっても、製造時や廃棄時に多大な環境負荷がかかったりエネルギーが発生したりする場合、それは地球にやさしいと一概に言えないため、このライフサイクル全体に着目して評価しています。

 

 

 

また、これらを評価しているのは日本環境協会で、中立である第三者機関が審査することで、公平性・透明性を保っています。エコマークは、ライフサイクルを考慮した厳しい基準をクリアし、公平な審査を経て認定を受けた商品だけにつけられているのです。

 

 

 

 

世界の環境ラベル

 

おなじみ日本のエコマークは、「私たちの手で地球を、環境を守ろう」という願いを込めて、「環境(Environment)」および「地球」(Earth)の頭文字「e」を表した人間の手が、地球をやさしくつつみ込んでいるすがたをデザインしたもの。このマークは、(財)日本環境協会が1988年に一般公募したデザインの中から、環境庁長官賞として選ばれた作品をもとに制定されました。

 

世界各国にも独自の環境ラベルがあります。その中でも、ドイツのブルーエンジェルと呼ばれる環境ラベルは全世界ではじめて作られた環境ラベルなんです。ご存じでしたか?タイプⅠ環境ラベルは世界の50以上の国や地域で実施されており、それらを運営する環境ラベル機関27団体が世界エコラベリング・ネットワーク(GEN)に参加しています。

 

 

 

 

 

 

“生産者を守る”認証マーク

 

続いて、「生産者を守る」認証マークをピックアップします。
自然環境や資源だけでなく、原料を生産する人々、製品を作る人々を思いやるためのルールが設けられています。消費者にとっては、海外の生産者など誰かを支援する、思いやる心をもって購入できる商品になります。

 

 

 

 

国際フェアトレード認証ラベル

 

 

国際フェアトレード認証コットンラベルは、製品が国際フェアトレード基準を守って生産および取引されたコットンで作られていることを示しており、生産のすべての段階で物理的なトレースが可能であり、加工中に非フェアトレード認証コットンと混合されることはありません。コットン以外の繊維を含む混合繊維製品の場合、製品重量の50%以上がコットンからなり、かつ製品に使用されるすべてのコットンが認証コットンである場合、この認証ラベルを使用することができます。

 

 

 

フェアトレードコットンってなに?という人もいるかもしれません。フェアトレードとは、開発途上国から製品を適正な価格で購入し、生産者などの労働者の生活向上に貢献することや、児童労働・強制労働などを解決するため、生産者と消費者が協力する仕組みなど、厳しい審査を経て、認証ライセンスを取得したコットン生地になります。

 

 

 

フェアトレード認証を受けた製品を購入することで、生産者に適正な賃金を支払われ、生産者の生活自立を支援します。SDG’s17の目標の8つの目標に寄与している、とても意義のあるコットンです。これからどんどん注目されていく素材ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

フェアトレードコットン生地のエコバッグ

 

 

 

 

 

 

 

 

オーガニックコットンマーク

 

 

農薬や化学肥料を3年以上使っていない農地で、有機農法で育てられたコットンをオーガニックコットンと呼びます。通常、コットンの生産には除草剤や殺虫剤が大量に使用され、地球環境や生産者の健康に悪影響を及ぼします。地球にも生産者にもやさしいオーガニックコットン製品の普及はサステナブルな社会づくりのひとつといえます。

 

 

※上記写真はマークの一例です。こちらはオリジナルマークになります。

当社が扱っているオーガニックコットンの一部の商品のみに使用しています。

 

 

 

オーガニックコットンは、通常のコットンと比較すると、感触などにも変化はなく、通常のコットンと変わりはありません。どちらかというと、製造工程の部分で有機栽培、基準に定められた土壌づくりなどに差があります。通常のコットンと同じ形で同じ厚みのトートバッグを比較すると、もちろん手がかかっているオーガニックコットンの方が価格は高くなります。ただ、よりエコな素材という観点から考えると、とても注目度が高く人気のある素材です。

 

 

 

オーガニックコットンで作ったエコバッグ

 

 

 

オーガニックコットンのエコバッグはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

エコバッグについて色々ご相談ください

今回ご紹介したマークはほんの一部で、環境に配慮した取り組みをしている、サステナブルな社会を目指しているなど、数多く認証マークが存在しています。

さまざまな認証マークを知ることで、エコなモノづくりに活かすことができます。カプセルボックスでも、一部の認証マークがついた製品の取り扱いやオリジナルプリントが可能ですので、ぜひご相談ください。

 

 

オリジナルエコバッグ製作<2022年6月>の人気ランキング集計!

 

 

例年よりも記録的に早い梅雨明けと、とても6月とは思えない猛暑が続き、地球環境の変化を肌に感じた初夏、汗だくになりながら特に水分と汗拭きハンカチはエコバッグ並みに欠かせない必需品になっています。ちなみに先日ハンカチを忘れ…やむを得ずたたんで入れておいたエコバッグで額の汗を拭くという、エコバッグが大変イレギュラーな使い道を発揮してくれました。オススメは出来かねますが、持つべきものは使い慣れたエコバッグ様様という思いです。またこんな熱い日には保冷機能のついた、保冷バッグが活躍します。エコバッグとしてはかさばりますが、最近の保冷バッグも大小形が様々、この時期1つは重宝したいアイテムです。お問合せも多々頂いており、特に食品をお取り扱うお店や、最近はコロナ禍で主流となりつつあるテイクアウト販売としてご制作頂く機会が多いように感じます。『当店のオリジナルバッグをお持ちのお客さまへ、ドリンク1杯サービス!』なんていうアイディアを工夫されているお店も見かけました。お気に入りのお店のエコバッグで、さらに特典があれば、つい1つは持っていたくなりますね。グッドアイディアです。そんな連日の熱さに涼しさを求めた2022年6月、カプセルボックスでご制作頂いたエコバッグの人気ランキングを集計致しました。

 

 

 

 

 

 

– 第4位 アーバントート –

 

 

 

不定期に、それでも常に上位にいる人気の「アーバントート」が6月はランクインをしてくれました。厚手の12oz生地を使用しつつも、生地は柔らかく肌触りの良いエコバッグ、アウトハンドルなコットンテープを使用した持ち手が個性を出し、おしゃれ。また肩紐を長めに設計しているので肩に掛けやすく、性別問わず使いやすいエコバッグになります。リピーターさんもいてくれる根強い人気のオリジナルトートバッグです。

 

そんな人気のアーバントートを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

– 第3位 ドイツテューテ –

 

 

 

見た目以上に入る容量と、シンプルながらも個性のあるおしゃれな仕様が人気の「ドイツテューテ」が今月もランクイン!内側に入り込んでいるガゼットマチが一見マチなし?と思わせながら、見た目以上の容量をもち、エコバッグとしても実用的です。シンプルな長方形はどんなデザインも映えやすく、おしゃれな仕上がりに。シンプルだからこそどなたでも使いやすい、ロングセラーなエコバッグです。

 

そんな人気のドイツテューテを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

– 第2位 うすでトート(M)オーガニックコットン –

 

 

 

春頃からすでに定番になりつつある「うすでトート(M)オーガニックコットン」が今月も2位を独占です。エコバッグをより地球に優しい素材で作ること、近年のエコへの意識の高さがうかがえます。うすでトート(M)は薄手のコットン生地で作られているので、たたんで収納と、まさにエコバッグとした使いやすさが人気のポイントです。オーガニック素材のエコバッグは他にも形違いや厚さ違い等、種類多数ございます。気になるオーガニックアイテムページはこちらから、是非ご参考ください。(オーガニックコットンとは、農薬・化学肥料などを3年以上使わない農地で、有機農法で育てられたコットンのことを示します。)

 

そんな人気のうすでトート(M)オーガニックコットンを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

– 第1位 たためるマルシェ –

 

 

 

今月も不動の「たためるマルシェ」が首位に立ちました。エコバッグとしても、メインバッグとしても、マルチに使える仕様が人気を集めるポイントです。比較的薄手ながらも、パイピングといってバッグの縁を補強しているので強度も◎またパイピングによってバッグの見た目もおしゃれに魅せてくれます。プリントも本体とポケットに複数箇所に行えることで、よりオリジナルエコバッグとして制作できるところもポイント。人気納得の仕様を備えた万能なエコバッグです。

 

そんな人気のたためるマルシェを1枚から作れるサービスを始めました!お試しや個人で作ってみたいお客さまにも、幅広くご利用頂けます。

 

 

 

 

 

 

季節柄、保冷機能や水に強いエコバッグ等、少し特徴のあるエコバッグも動きをみせた6月。それでもみんな1つは持っていたい定番タイプはしっかり不動の位置付けになりました。長く使いたい、そんな思いが人気ランキングにも反映されているのではないでしょうか。

 

 

年々記録を更新する暑さに、地球温暖化の深刻さを日増しに肌で感じるようになりました。エコバッグを使うこと、ビニール袋の排出をたった1回でも減らすことで、×人数分、更には日々の積み重ねが地球温暖化の進行を少しでも遅らせられる機会に繋がります。未来の為に、思い立ったら是非すぐ行動を!エコに繋がる夏に向けたエコバッグ、多数ご用意しております。たくさんのお問合せお待ちしております。

1枚からオリジナルデザインをトートバッグにプリントできるサービス

1枚からトートバッグにプリントできる!

1枚からオリジナルトートバッグが作れる!

 

 

 

トートバッグやエコバッグにオリジナルデザインを1枚からプリントできる!

 

新しいサービスを開始致しました!オリジナルグッズコンシェル【オンデマンド】というサービスです。少し長くてすみません。。。かんたんに説明をしますと、トートバッグやエコバッグ、Tシャツなどの、いろいろなアイテムが1枚、1個からオリジナルプリントできるサービスです。印刷はすべてフルカラー印刷で、写真やグラデーションなどもプリント可能です。また、通常4営業日発送なので、すぐに届いて嬉しいサービスです!注文数量が多くなると割引になる「まとめて割」やポイントなどの会員サービスなどもたくさん!デザインツールでPCやスマホからプリントしたいデザインを作成することができます!

 

 

スマホなどからすぐにデザインできる

 

 

 

プリントしたいデザインは、デザインツールでかんたんに作成できる!

 

パソコンやスマホから、デザインツールを使ってかんたんにプリントするデザインを作成することが可能です。デザインツールでは、画像のアップロードから、スタンプ、フォントなどを追加することが可能です。まずは、デザインを作成して、アイテムを選んでそのままカートに入れることができます。作成したデザインを保存しておくことができますので、同じデザインで違うアイテムなどを作成することも可能です。

 

 

デザインツール

 

 

 

注文から4営業日で発送!

 

 

 

プリントしたいデザインを作成し、アイテムを選択したら、そのままカートへ!作りたい枚数を決めて、そのまま決済できます。もちろん1枚から注文可能です!お支払いは、クレジット決済、銀行振込、コンビニ後払い、代引きから選択が可能です。ご入金・決済が完了した日から4営業日で発送致します。(※14時までの決済完了で当日入れて4営業日となります。14時以降の決済・ご入金の場合は、翌日扱いとなります。)

 

 

 

 

同じデザインでいろいろなアイテムが作れる!

 

デザインツールでつくったデザインを利用して、いろいろなアイテムを作ることができます!トートバッグやエコバッグだけではなく、Tシャツやトレーナー、パーカ、タオル、マグカップなどいろいろなアイテムが作れます。これからもアイテムをどんどん追加していく予定です。デザインを保存しておけば、お気に入りのデザインでいつでもスマホなどからかんたんにご注文することが可能です!

 

 

 

さまざまな割引サービスも!

 

 

オリジナルグッズコンシェル【オンデマンド】には、さまざまな割引サービスがございます。アイテムやデザインなどに関係なく、1回の注文で5個以上購入すると「まとめて割」という割引サービスがございます。5個以上で2%オフ、10個以上で5%オフと最大50%オフまでございます。(※まとめて割対象外商品もございます)また、会員には、購入毎に1%のポイント付与、一定期間での注文回数によって会員ランクというのが設定されていて、会員ランクが上がると毎回割引を受けることが可能です。

 

記念日に写真をトートバッグにプリントしてプレゼント、仲間やグループで作ったり、バッグやTシャツを買うくらいなら作っちゃおう!

 

 

 

オリジナルエコバッグ製作<2022年5月>の人気ランキング集計!

 

 

長い連休が明けた5月、しばらく祝日もなく、6月は例年より早めの梅雨時期に突入、なんだか気持ちは憂鬱でやる気がおきない、、そんな方も多いのではないでしょうか。早く梅雨が明け、真っ青な空が広がる夏を待ち焦がれる、我慢の6月を過ごしています。そんなもやもや空気はさておき、エコバッグのご制作では、5月の連休もあり、明けからは蛇口をひねったような勢いでお問い合わせを数多く頂いておりました。コロナ禍の規制も日増しに緩和され、特にイベント関連のエコバッグのご制作では、短納期から夏に向けて、様々なところでたくさんのオリジナルデザインがプリントされたエコバッグが、日々送り出されています。素敵なエコバッグを手に取るみなさんの、もやもや空気が少しでも晴れることを切に祈るばかりです。また5~6月といえば梅雨真っ盛りな雨!水や雨に強いエコバッグはないですか?など、撥水を気にされるご質問も多く頂いた様に感じます。季節や天候に合わせたエコバッグの選び方もまた、最近ではもう当たり前になりつつあります。そんな梅雨入り前気まぐれな天候に振り回された2022年5月、カプセルボックスでご制作頂いたエコバッグの人気ランキングを集計致しました。

 

 

 

 

 

– 第4位 スナップコンパクト –

 

 

オリジナルエコバッグ情報

 

4月は一旦ランキングから引いたものの、5月に再びランクイン、4位は「スナップコンパクト」でした。くるりと畳んでスナップボタンでコンパクトにできる、簡易かつシンプルな収納方法が人気のポイントです。またこのクオリティで生地は5オンスの薄手コットンでできており、薄い分生地が柔らかく、たたみやすいのも幅広く使いやすい点になります。若干前後はあれど、不動の上位位置付けになっています。

 

 

 

 

 

 

 

– 第3位 ドイツテューテ –

 

 

 

全体的に縦長の形と肩にもかけられる太くて長い持ち手が個性的な「ドイツテューテ」が5月も引き続きランクイン!一見マチが無いようで、底にガゼットマチが付いているのでエコバッグとしても容量は◎長方形というシンプルな形がオリジナルプリントをデザインしやすいという点も魅力的かと思います。どんなデザインも映えやすい、カプセルボックスオリジナル商品で、ロングセラーなエコバッグです。

 

 

 

 

 

 

 

– 第2位 うすでトート(M)オーガニックコットン –

 

 

 

春頃から着々と人気を集めている「うすでトート(M)オーガニックコットン」が今回もランクインしました。世間はすっかりエコブーム、オーガニックコットンはそんな中よりエコにこだわりたい方に、是非おすすめしたい素材になります。こちらのうすでトート(M)は柔らかい薄手生地なので、たたんでかさばらないところも人気のポイント。形は定番ながらもしっかりとエコバッグとして役割を果たせるエコバッグです。またオーガニック素材のエコバッグも日々種類が増えてきており、他アイテムページはこちらから、是非ご参考ください。(オーガニックコットンとは、農薬・化学肥料などを3年以上使わない農地で、有機農法で育てられたコットンのことを示します。)

 

 

 

 

 

 

 

– 第1位 たためるマルシェ –

 

 

 

今月も人気を集めた「たためるマルシェ」です。たためるタイプのエコバッグの中では比較的厚手の6ozを使っているので、持った感じもしっかりと存在感があるエコバッグかと思います。またパイピング処理もしているので強度も抜群、収納してエコバッグとしても、お出かけの際のメインバッグとしても使える一石二鳥がお得感があり人気です。プリントも本体とポケットに行えることで、オリジナルに富んだエコバッグがご制作いただけます。

 

 

 

 

 

 

天候に左右されるこの時期はかさばらない様、たためるタイプのエコバッグが上位を占めました。また収納機能はなくとも、薄手のエコバッグでは、ハンカチのように気兼ねなく畳んでおけることから、人気を集めています。5月は使いやすさと容量が重視されたのではないでしょうか。

 

 

天候に流され気持ちもじめじめしがちな6月、束の間の晴れ間を大切にどうか梅雨明け夏まで乗り越えたいもの。また6月は突然の雨に備え、比較的水に強いポリエステルタイプのエコバッグが街中では目立つように感じます。カプセルボックスでは、コットン素材はもちろん、雨の日に活躍するポリエステル素材のエコバッグも多数ご用意しております。季節や天候に合わせたアイテムのご提案もできますので、是非オリジナルエコバッグご制作のきっかけに!6月もたくさんのお声がけお待ちしております。

オリジナルエコバッグ製作<2022年4月>の人気ランキング集計!

 

 

楽しみにしていたGWもあっという間に終わり、見渡せばすっかり新緑の春。GWはコロナ規制もまだまだ残りつつ、それでもここ1~2年と比較すれば解放感のある連休だったのではないでしょうか。私もGWは帰省をしましたが、空港や地元のショッピングモール等人出が目立っていて、久しぶりに周りの景色が色付いている様に感じました。そして仕事柄つい見てしまうのは人の持っているエコバッグ。本当に多種多様な素材、デザインが増えたなあと、時にはそれエコバッグなの!?なんてキャラクターや果物の様な形も。またかわいらしい小さなエコバッグをもって買い物をしているお子さまもいたりと、癒される思いでした。大人から子供までエコバッグもすっかりファッションの一部になりつつあります。そんな周りが色付くGW前の4月では、ちょこちょことイベント関連のエコバッグ制作に、お引き合いを頂くことが多かった様に感じます。ただまたいつコロナの影響があるかと不安定な状況下に、イベントの開催も直前まで決定できない、急遽グッズ制作が必要になった等、短納期のお問合わせも多く頂くことがありました。可能な限りご協力に努めたいと、活気づいた2022年4月、カプセルボックスでご制作頂いたエコバッグの人気ランキングを集計致しました。

 

 

 

 

 

 

 

– 第1位 たためるマルシェ –

 

 

 

 

 

4月も、安定の「たためるマルシェ」です。写真にあるように、ゆったりと肩に掛けられる持ち手と、エコバッグにも普段使いにも多様できる大きくシンプルな形は、どんなデザインも映え、オリジナリティに溢れます。また外からはわからないよう、内側袋口部分には吊り下げポケットが付いているので、たたんでバッグを収納できる仕組みになっています。お買い物を本当に意識した仕様で、やわらかい6oz生地と、生地の縁へはパイピングを施すなど、強度にも配慮したコットンバッグになります。エコバッグ納得のNo1人気アイテムです。

 

 

 

 

 

 

– 第2位 うすでトート(M)オーガニックコットン –

 

 

 

 

 

オーガニックコットンとは、農薬・化学肥料などを3年以上使わない農地で、有機農法で育てられたコットンのことを示します。直接肌に触れ、長く使うものだからこそ、素材にもこだわったエコバッグがここ最近お問合せ多く頂いており、オーガニックコットン素材のアイテム点数も日々着々と増えています。オーガニック素材を集めたページは、こちらから。是非ご参考ください。そんな中「うすでトート(M)オーガニックコットン」が今回2度目のランクインです。オーガニックコットンの中でも薄手で、形としては定番タイプ、同じ素材の中でも割と安価に制作できることが人気のポイントです。

 

 

 

 

 

 

– 第3位 アーバントート –

 

 

 

 

 

今月も「アーバントート」が3位にランクインしました。数ある12oz生地の同じ厚手アイテムに比べ、やわらかい質感で肌触りや使い心地が良いエコバッグです。食品を入れるエコバッグ、というよりはお洋服や雑貨等のショッピングバッグとして活躍することが多いです。肩からゆったり掛けられる長い持ち手は、大柄な方からも使いやすいと人気を集めています。ロングセラー品で、長く愛されているエコバッグです。

 

 

 

 

 

– 第4位 ドイツテューテ –

 

 

 

 

 

 

薄手ながらも幅のある持ち手が特徴的な「ドイツテューテ」が久しぶりにランクインを果たしました!(拍手) 3位のアーバントート同様、カプセルボックスオリジナル商品で、こちらもロングセラーなエコバッグになります。底のマチはガゼットタイプで、見た目以上の容量を持っていて、エコバッグとしても、メインバッグとしてもおしゃれに使って頂けます。シンプルな長方形型なので、デザインも入れやすく、オリジナルが映えるエコバッグです。

 

 

 

 

 

 

不動の1~3位に今回はテューテが4位に加わり、シンプルな形が再び注目され始めた4月。シンプルこそ飽きのこない、みんなが使えるエコバッグなのかもしれません。形、素材、デザイン、どこにこだわるかはその時々で違えど、どんなエコバッグでも長く使えて愛されるエコバッグを是非ご制作頂きたいです。

 

 

例年より雨が多いと感じる5月、いよいよ梅雨の季節も近づいております。カプセルボックスでは、雨の日にも使えるポリエステル素材のエコバッグや、雨の日だからこそ荷物にならない様、小さく収納できるエコバッグ等、用途に応じたアイテムを多数ご用意しております。是非オリジナルエコバッグのご制作にお力を添えさせて下さい!

オリジナルエコバッグ製作<2022年3月>の人気ランキング集計!

 

 

すっかり春かな?と錯覚する様な暖かい日もあり、仕舞い始めたコートをまた引っ張り出さなければいけないくらい寒い日もあったりと、寒暖差の激しかった3月、月の後半には暖かさにフライング咲きしていた桜もちらほら見られました。そんな淡いピンクに色めき始めた3月は、新生活や新しい環境に向けた記念品制作を数多く承っておりました。ご入園ご入学シーズンの学校や、サークル等個人のグループでのご制作他、特に新店や新店舗OPEN等、お店のOPEN記念品としてのご制作が多かった様に感じます。様々な形のエコバッグに色んなお店のロゴがドーンと大きく入り、たまに同じ形のバッグでもオリジナルプリントによってこんなにも雰囲気が違うのか!と驚くほど、たくさんのおしゃれなデザインが並んでいました。お気に入りのお店のロゴが入ったエコバッグ、私も1つ2つは持っていて、ちょっと良い日に使おうなんて、大切にしまってあります。エコバッグも洋服の様に、普段使い用、おしゃれ用、ドライブ用、、なんて日頃の装いに合わせて持ち歩くほど種類も増え、本当に身近なものとなりました。様々な人の手に渡るであろう記念品のエコバッグ。その先にたくさんの笑顔が溢れていることを願う2022年3月、カプセルボックスでご制作頂いたエコバッグの人気ランキングを集計致しました。

 

 

 

 

 

 

– 第1位 たためるマルシェ –

 

 

 

 

 

3月も、もはや不動の「たためるマルシェ」でした。6ozの薄すぎず、かつ柔らかい素材はたたんで収納しやすく人気のポイントです。バッグのフチにはパイピングを施しているので丈夫さも十分備えています。ゆったりとした底マチのおかげで幅のあるものをいれてもごわつかず、たくさんの物を柔軟に入れられます。内側についているポケットへたたんでバッグを収納できる仕組みになっています。不動の人気納得の仕様感で、自信をもってオススメできるバッグです。デザインも大きくプリントできるので、オリジナルが映えます。

 

 

 

 

 

 

– 第2位 うすでトート(M)オーガニックコットン –

 

 

 

 

 

農薬・化学肥料などを3年以上使わない農地で、有機農法で育てられたコットンのことをオーガニックコットンと言い、地球にやさしく素材にもエコにこだわったエコバッグが近年注目を集めています。その中でも定番サイズの「うすでトート(M)オーガニックコットン」が今回初めてランクインしました。オーガニックコットン=高級なんて印象もありがちながら、本商品はオーガニックコットンの中でも比較的低価格で制作できることがポイントかと思います。薄手なのでたたんでエコバッグとしても、1つは持っていたい王道な肩掛けトートです。素材にもこだわったエコバッグ、今後更なる注目が予想されます。オーガニックコットンを集めたページはこちらから、是非ご参考ください。

 

 

 

 

 

 

– 第3位 アーバントート –

 

 

 

 

近頃のエコバッグブームで収納タイプが特に注目を集めた中、スタンダードなトートバッグながらもアウトハンドルな持ち手はコットンテープを使用し、どこか個性的でおしゃれな「アーバントート」が3位にランクイン。収納タイプではない中、ふたたび人気を集めました。エコバッグというよりは、普段使いのメインバッグとして、12ozの厚手ながらも柔らかいコットン素材と、コットンテープを使用した長めの持ち手は肩に掛けやすく人気のポイントです。エコバッグブームの前からあるロングセラーなエコバッグです。

 

 

 

 

 

 

– 第4位 スナップコンパクト –

 

 

 

 

レジ袋をそのままコットンバッグにした様な形が可愛い「スナップコンパクト」たためるマルシェ同様、ランクインが不動となりつつあります。たたみやすさ、収納のしやすさでは上位に使いやすく、容量、耐久性と、エコバッグならではをふんだんに盛り込んだ仕様になっています。また袋口が大きいところもポイントで、お買い物では長ネギや切り花等、長い物も入れやすい、お買い物仕様を意識した便利なエコバッグかと思います。オリジナルプリントが表、側面、ベロ部分とバリエーション多様なのでデザイン性も高いエコバッグです。

 

 

 

 

 

 

近年エコバッグブームより収納タイプのエコバッグが主流となっていましたが、普段使いもできるコットンバッグや、素材にこだわり環境にも優しいエコバッグ等、様々な観点からご検討されることが増えてきたように感じます。カプセルボックスでは他、ポリエステルやデニム、麻やタイベック素材等、形も種類豊富にご用意しております。また素材や形だけではなく、印刷にもこだわれる全面フルカラープリントのエコバッグもございます。

 

 

関東はすっかり春めき気持ちも晴れやかな季節となりました。寒さが過ぎ上を見上げれば様々なピンクに彩られた風景が広がっています。桜が終わればもうすぐ新緑の季節、GWも近づいておりますので是非ご検討のみなさまのお声がけお待ちしております!

エコバッグをオリジナル製作する時、よりサステナブルなエコバッグを作る

サステナブルなエコバッグ

エコな素材のエコバッグを作る

 

 

オリジナルエコバッグを作る時に意識したいサステナブルな素材

 

サステナブル、SDG’s(2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標)などの社会貢献が人にも会社にも誰にでも求められている今、プラスチック削減によるレジ袋有料化も、サステナブルな社会をつくっていく、ひとつの施策としてスタートしました。レジ袋有料化によってエコバッグ需要が高まり、現在では、エコバッグで買い物をしている人を見かけることは、ごくごく普通な風景になっています。今回は、オリジナルでエコバッグを製作する際に、エコバッグを作って使用してもらうというひとつのエコ、さらには素材をよりエコな素材にすることによって、もっとエコを意識したエコバッグを作るには、というテーマで、エコな素材で作ったエコバッグやトートバッグを紹介していきたいと思います。リサイクルやオーガニックなどエコな素材を作るということは、その分、お金がかかっているという認識は必要です。多少、価格が上がってもエコな素材でエコバッグを作ることが、環境にやさしいエコバッグを作ることへの行動のひとつだと思います。

 

 

 

再生PETで製作したエコバッグ

 

再生ペットで製作したエコバッグ

 

 

エコバッグと言えば、内ポケットやバンド、ゴムなどでコンパクトに折りたたみできるものをイメージする人が多いのではないでしょうか?折りたたみができるエコバッグとなると、コットンよりもポリエステル素材のエコバッグが多くお店などでも見かけることがあるかと思います。コットンなどと比べると生地が薄く小さくしやすいという特徴がございます。コットンのような天然素材ではないので、エコ素材ではないところなのですが、再生ペット素材は、回収されたペットボトルから作ったポリエステル繊維なので、環境にやさしい素材です。ポリエステル素材のエコバッグの中に再生ペットという記載があれば、そのエコバッグはリサイクルされたポリエステル生地を使用していますので、通常のポリエステル素材のエコバッグを製作するより、よりエコなエコバッグを製作することができます。通常のポリエステルよりは、生地の価格が高いため、ちょっと割高にはなりますが、環境に配慮したエコバッグを作るというテーマで考えれば、再生ペット素材のエコバッグはおすすめです。

 

 

 

ポリエステル素材のエコバッグはこちら

 

 

 

 

再生コットン(リサイクルコットン)で製作したエコバッグ

 

再生コットンで作ったエコバッグ

 

再生コットン(リサイクルコットン)とポリエステルの混紡のミックス生地で作ったトートバッグです。生地の感触は、コットンにかなり近いですが、ちょっとだけシャリシャリとした感触の生地です。廃棄される生地の端切れ等を集めて作ったリサイクルコットンなので、もちろんエコ素材です。色もグレーや青、ベージュなど、通常のコットンとはちょっと違うカラーリングでナチュラルな雰囲気のあるエコを意識したトートバッグを作ることができます。コットン素材は生地の厚みも4オンス~14オンスと、幅が広く、こちらのリサイクルコットンを使用したミックス生地は6オンスという薄手の中では、一番厚いという位置づけの薄手コットンの中ではしっかりとした感触のトートバッグと、10オンスのとてもしっかりとした厚みのあるトートバッグがございます。巾着などもございます。

 

 

 

コットン素材のエコバッグはこちら

 

 

 

 

オーガニックコットンで製作したエコバッグ

 

 

オーガニックコットンで作ったエコバッグ

 

オーガニックコットンは、生産方法を基準に従い、2~3年以上の実績を経て、認められた農地のみで育てられた綿花です。農薬・肥料などの厳格な基準を守って栽培されており、人と環境にやさしいよりエコなコットン素材です。通常のコットンと比較すると、感触などにも変化はなく、通常のコットンと変わりはありません。どちらかというと製造工程の部分で有機栽培、基準に定められた土壌づくりなど、差があります。通常のコットンとおなじかたちで同じ厚みのトートバッグを比較すると、もちろん手がかかっているオーガニックコットンの方が価格は高くなります。ただ、よりエコな素材という観点から考えると、とても注目度が高く人気のあるトートバッグです。人気があるので、種類も豊富で、4オンス~10オンスまであり、バリエーションも多いです。

 

 

 

オーガニックコットンのエコバッグはこちら

 

 

 

 

フェアトレードコットンで製作したエコバッグ

 

 

フェアトレードコットンで作ったエコバッグ

 

 

 

フェアトレードコットンってなに?という人もいるかもしれません。フェアトレードとは、開発途上国から製品を適正な価格で購入し、生産者などの労働者の生活向上に貢献することや、児童労働・強制労働などを解決するため、生産者と消費者が協力する仕組みなど、厳しい審査を経て、認証ライセンスを取得したコットン生地になります。SDG’s17の目標の8つの目標に寄与している、とても意義のあるコットンです。そのフェアトレードコットンを使用して作成さいたトートバッグです。これからどんどん注目されていく素材ではないでしょうか?

 

 

 

 

フェアトレードコットン生地のエコバッグ

 

 

 

エコバッグについて色々ご相談ください

今回は、エコバッグやトートバッグにオリジナルプリントする際に、どんなエコバッグを選ぶか?もしかしたら「よりエコな素材」をテーマに考えてみるのもいいかもしれません。もちろん通常のコットンや麻、デニム、タイベックなど色々な素材もございます。エコバッグを使い、レジ袋を購入しないだけでも、エコ活動のひとつです。お気軽にご相談頂ければ、目的に合わせたエコバッグやトートバッグをおすすめさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

オリジナルエコバッグ製作<2022年2月>の人気ランキング集計!

 

 

例年よりも寒い日が短かった様に感じた2月、関東は既に春のきざしが見え隠れしコートがいらない日もあるくらい。かと思えば北海道、東北や甲信地方では記録を超える大雪だったようで、まだまだ油断できない寒暖差に、体調の崩しやすい時期が続きます。ご卒業シーズン目前の2月は思い出に残そうと記念品のご制作に、弊社へのお問合せも日々にぎやかに湧いておりました。保育園や幼稚園の記念品では、お子さま達の手書きの似顔絵が並んだデザインに、使う度微笑ましい気持ちになるような素敵なエコバッグを多種ご制作させて頂きました。小学校~高校くらいのご年代では、スポーツチームや部活動等のチームロゴが多くみられ、ご卒業を迎える方もまだ在籍される方々も、おそろいのデザインエコバッグを持つ風景が浮かぶ様でした。エコバッグとしてはもちろん、自分がそこにいた証になるような記念品のご制作に、たくさん携わることが出来ました。また社会人の方や企業での記念品としても多くお声がけを頂き、企業のロゴマークを始め、ありがとう等、感謝のきもちが直接プリントされたオリジナルエコバッグもあったり、近年のコロナ禍で人に気持ちを伝える大切さがエコバッグにも垣間見えた様に感じます。色んな気持ちが交差し、エコバッグとして形になった素敵な2月でした。そんな2022年2月、カプセルボックスでご製作頂いたエコバッグの人気ランキングを集計致しました。

 

 

 

 

 

 

– 第1位 たためるマルシェ –

 

 

 

たためるマルシェ

 

 

不動になりつつある「たためるマルシェ」です。エコバッグにはもはや定番の機能、折りたたんでコンパクトにできる、シンプルながらも重要な機能が人気の理由ではないでしょうか。また、6ozというたためるタイプでは少し厚みのあるコットン素材で、かつ、ごわつかない、強度もありつつ柔らかい絶妙なバランスを保ったエコバッグです。生地の端にはパイピング処理も施されているので、見た目はおしゃれ、機能はとてもしっかりとしたエコバッグになります。バッグ内側にポケットがあり、折りたたんでポケットに収納する仕組みになっています。メインバッグとしても使える人気のエコバッグです。プリントはエコバッグ本体と、ポケットにもオリジナルプリントが可能、折りたたんだ状態でもオリジナルが映えます。

 

 

 

 

 

 

– 第2位 まとまるマルシェミニ –

 

 

 

 

 

薄手のマルシェバッグにシンプルなゴムを付けて、くるくる丸めてまとまるようになったコットンエコバッグです。こちらはミニタイプでちょっと使いに人気のタイプになります。ただ見た目は小さく、実際に入れると側面についた横マチが広がり十分な容量を発揮してくれます。小さいからと侮れない、あると便利、使い勝手を知るともっと便利に、ひとりひとつ、離せなくなるエコバッグです。また、大きいタイプ「まとまるマルシェ」もご用意しております。こちらはしっかりお買い物したい大容量タイプになります。いずれもシンプルな形ながらもプリント範囲が大きいのでオリジナルプリントが目立ちます。

 

 

 

 

 

 

– 第3位 スナップコンパクト –

 

 

オリジナルエコバッグ情報

 

 

全体的にマチを付けた大容量のエコバッグです。5ozと薄手ながらも全体につけたマチと、生地の端を補強するパイピングによって生地厚以上の強度感があります。本体に取り付けたベロ部分をくるっと巻き、スナップボタンで留めればコンパクトになります。巻いて留めるだけなので収納が簡単なところも人気の理由なひとつです。また、ベロ部分は大きなポケットになっているので、お財布をいれたりと機能的。プリント箇所が表面、側面、ベロ部分に出来、組み合わせ次第でオリジナルに富んだエコバッグをご制作頂けます。

 

 

 

 

 

 

– 第4位 ドイツテューテ –

 

 

 

 

エコ先進国、ドイツで良く見かけるエコバッグのかたちと同じタイプのエコバッグです。幅の広めな持ち手は肩にかけてもずり落ちない様、気を使い、また長めにすることでゆったりと肩に負担なく掛けることができます。底面にはガゼット仕上げという折りたたんだマチがあり、平置きではフラットに、物を入れた時にはマチが広がるので、容量に合わせたサイズ感がとても使いやすいです。特に収納できる等、機能は持ち合わせていませんが、薄手なのでハンカチの様に畳んで気軽に使えるところが既に定番型のエコバッグになります。

 

 

 

 

 

カプセルボックスでは、コットンの他にエコバッグでは定番のポリエステル、おしゃれなデニムや麻、タイベック素材等、多種ご用意しております。また大きくデザインをプリントできる全面フルカラーバッグもあり、オリジナルに富んだエコバッグをご制作頂けます。

 

 

ご卒業シーズンが過ぎれば、続いてご入学シーズン!日に日に温かくなり春も近づいて参りました。新生活で気持ちも新たに、エコバッグのご制作、是非ご相談ください。