コラム

ホーム > エコバッグについてのコラム > 進化するエコバッグたち > フリーマーケットで発揮する意外な底力

フリーマーケットで発揮する意外な底力

フリーマーケットに持ち込む時に活躍するエコバッグ

手持ちの不用品を持ち寄るフリーマーケットでは、
大きなエコバッグが会場への荷物の運搬で力を発揮します。
フリマ会場でアタフタしないためにも、
雑貨・女性用洋服・子供服・赤ちゃんもの・男性服など、
種類別にエコバッグごとに分けて入れておくといいでしょう。
軽いけれどかさばるもの、固くて重いもの、など、
商品によって材質や大きさを変えておくのも便利です。

フリーマーケットから帰る時に活躍するエコバッグ

完売したら、小さくたたんで手ぶら感覚で家に帰れるというのが、
最大のエコバッグの魅力ですが、
売れ残ってしまった場合にも、
そのまま保管して次回のフリーマーケットに備えられます。
もうすでに、種類別にしてあるので追加分も整理し易く、
売れ行きがよかったものもわかります。
また、お客としてフリマ会場を覗いた時に、
予定外の買い物をしてしまった場合でも、
エコバッグがあれば出店者も大助かりです。

大きく使って小さくたためるエコバッグ

大きく使って小さくたためるエコバッグの活躍の場は、
フリーマーケットだけではありません。
街中の不用品買取店に査定の品物を持ち込むときも、
エコバッグの便利さ、ありがたさが実感できます。

カプセルボックスのエコバッグは、
用途に合わせて選べる豊富な種類のラインナップで
フリーマーケットでも意外な底力を発揮します。

見積無料 送料無料 お気軽にお問い合わせ下さい。

0120554058

無料 お問い合わせ