TPOに合わせた使い方でエコバックをチェンジ

オリジナルエコバッグを作ろう!ECOBAGBOX
送料無料・見積無料 お見積りはこちらから
コラム

ホーム > エコバッグについてのコラム > 進化するエコバッグたち > TPOに合わせてエコバックをチェンジ

TPOに合わせてエコバックをチェンジ

買い物袋としての利用

エコバッグを買い物袋として利用するイメージは広く定着しました。
エコバッグにはレジ袋削減の意味はもちろん、
他にも様々なメリットがあります。
例えば、買ったものが外から見えないだとか、
手に食い込んで痛くなることがないとか、
レジ袋を持つよりもおしゃれだとか。
持って行くときに荷物が多くなるというデメリットもありますが、
それを加味しても充分持ち歩く価値はあると言えます。
突然増えた荷物に慌てることなく、
スッとエコバックを取り出すことができれば、
周りの評価も上がるでしょう。

TPOで使い方無限大

TPO、つまり、時・場所・場合。
以前は環境に配慮してレジ袋削減のためだけに
利用されていたエコバッグですが、
現在ではそれだけに使用する方の方が少ないのではないでしょうか。
では、具体的にはどんな時・場所・場合にエコバッグが活用されるのでしょう?
ちなみに、お買い物のときにはコンパクトにたためる薄い生地の
エコバックが使いやすいですよね。
折りたたみバンドやポーチが付いている物は特に収納しやすく、
持ち歩きに便利です。
買い物をするときのかごにピッタリはまるレジ袋型のエコバッグを使えば、
かごから袋に移す手間も省けます。
通勤や通学の時に便利なのは、マチがついたスクエアタイプ。
バッグ自体が軽いため重たい本やかさばる資料も負担が軽減されます。
入れるものが無くなったら畳んで仕舞えるのも良いですね。
さらに、上記のような普段使いだけではなく、
結婚式の引き出物入れや文化祭などのイベントで配布するときなどでも
エコバッグを使うことで他と差をつけることができます。

お急ぎの方、スピード納品オプションで短納期発送することが可能になりました。