折りたたみエコバックの使い方

オリジナルエコバッグを作ろう!ECOBAGBOX
送料無料・見積無料 お見積りはこちらから
コラム

ホーム > エコバッグについてのコラム > 身近なエコバッグについて > バッグインバッグのエコバッグ

バッグインバッグのエコバッグ

収納性を高めるバッグインバッグ

トートタイプやコットン素材などの、しっかりした素材のエコバッグの中に、
ポリエステル素材のエコバッグを折りたたんで入れておき、
バッグインバッグとして使用する方法もあります。

買い物をする際には、中に入れてあるバッグインバッグを取り出して
外側のエコバッグを使い、荷物が多くなった場合にもうひとつのエコバッグを使う
というのも、まるで二刀流のように感じられるかもしれません。

■コットン
タオルや下着など、人間のお肌に直接触れる衣類に使われることの多い素材です。
吸水性や耐熱性や保湿性に長けており、洗濯を繰り返しても
元の形が崩れにくいのが特徴です。
元々が綿という天然由来の成分であるため、燃やした際にも有毒なガスが
発生することもなく、環境保護という点でも優れています。

■不織布
読んで字のごとく、織っていない布のことを指します。
大抵の布は織ることで作られるのですが、不織布の場合、熱を加えたり機械を
使ったりして、接着したり組み合わせたりすることで、布状に仕上げていきます。
コットンやデニムなどの布と比較すると、耐久性や強度の点で劣ってしまうのですが、
安い価格で作ることができるため、大量に制作する際に使われることが多いようです。

■ポリエステル
ナイロンの次に強度のある合成繊維です。
ポリエチレンテレフタレートと呼ばれる樹脂を、糸状にして作られています。
軽さが特徴であり、弾力性や耐水性にも高い効果を発揮します。
比較的リサイクルに適した素材であり、燃やした際にも、
ほぼダイオキシンが出ないというのも、広く使われる要因となっています。

お急ぎの方、スピード納品オプションで短納期発送することが可能になりました。